【人形劇の上演】

トランク機械シアターでは
「おでかけ公演」を行っています。

新たにオリジナルの作品を作ることも可能です。
詳しくはこちらをご覧ください

http://trunkmachinetheater.blog.fc2.com/

top_3.png


【出演・ナレーションに関して】

オフィスティンブルまでご連絡ください。

topslide.png

2015年06月02日

no-title

IMG_5328.jpgIMG_5313.jpgIMG_5320.jpg
この作品は役者、飛世早哉香のいろいろな一面が見れると思います。

おどけた顔、ふざけた顔、悪い顔、落ち込んだ顔、笑顔、泣き顔、おどおどした顔などなど。
30分の中に、ギュギュッと詰め込まれています。
いろいろな表情を一気にみることができる作品です。

そして、最初から最後まで、舞台上では一人で闘っています。

この闘っている様が、一人芝居の魅力だと思っているんです。
一切の妥協も、手抜きも、甘えも、疲れも一人芝居では特に命とりになる。

水さえ飲めない大変な状態で、自らを追いつめるかのごとく動き、しゃべり、反応をし続ける。
その、限界に挑んでいくような、個人種目のスポーツのような状態から生まれるエネルギーが劇場に満ちた時にすごいなあと感じます。

お話は、中学生以上の方なら面白いって思ってもらえると信じて書きました。
小学校なら4年生からかな。
でも、見た目に楽しい作品をっていうのは変わらないスタンスでやっているので、小学生以上なら大丈夫だと思います。

一人芝居観たことない人も、観たことある人も、芝居を観たことない人も、見づらさは感じさせませんっ!

虚飾で彩られたカラス

舞台上での役者の生き様を、ぜひ観に来てほしいです。

札幌だけでなく、全国から選抜された作品、2作品が大阪と名古屋からやってきます。
お見逃しなく!!

そして、役者をやっている人にとっては、一人芝居は自分を全てさらけ出している場なので、出てる役者の力を見たり盗んだりするには最適な環境だと思うし、役者として、いつか一人芝居をすることはとても良いことだと思うので、いつかやる自分の一人芝居のために、6パターンの一人芝居を観て、良いとこ全部盗んでってくださいっ!!

6月13日、14日
コンカリーニョでお待ちしてます!!
posted by けいご at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。